タイの重要な輸出品としてコメがあります。
そういえば昔我が国も大々的に輸入していましたね。

もっともタイ米というとパサパサで、評判はあまり良くなかったですが。
我々が普段食するジャポニカ米は水分が多いですから。
なのでタイ米の主要な輸出先はヨーロッパのようです。

長らくタイ米は輸出量世界1位の座を保っていたのですが、2012年くらいにインドに抜かれ、最近はベトナムにも抜かれて3位に転落してしまったようです。

原因は価格競争力が無くなってしまったようで、これは輸出税や運送費の高騰、あるいはインラック政権時代の過保護で品種改良の努力を怠った等が理由とされているようです。

ベトナム、インドは知りませんが、以前に見たタイの水田(?)は、日本のような整然と苗が植わったものではなく、雑草の生えた野っぱらという感じで、これで年3回も収穫できれば気楽なもんだなと思いましたが、ここにも熾烈な国際競争は生じているようです。