下手の横好きでゴルフをやりますが、コロナ前までは、年末は暖かい(暑い)タイのプーケットへ行ってゴルフをしていました。

途中、プーケット以外にもということで、沖縄やグアムへ浮気をしたこともありましたが、沖縄はやはり日本で(当たり前ですが)何となく急かされるようなゴルフだし、グアムはキャディがつかず、狙ったところへ飛ばすほど上手くない私は炎天下を走り回ることになるし物価も高い、ということでやっぱりプーケットが良いね、と言っていた矢先のコロナ禍で、ここ2年は行きそびれています。

プーケットはもちろん外国人旅行者の比率が圧倒的に高く、一度ゴルフでツーバッグ同士が一緒に回らされた時の相手もノルウェー人でした。

そんなプーケットのパトンビーチも、表通りには高級海鮮レストランが並んでいますが、一歩奥へ入れば、お手頃値段で旨い中華風タイ料理屋があって滞在費を節約できますし、ゴルフは一人づつキャディがついてフェアウェイ乗入れ可のカートを運転してくれるので、プレイヤーはただボールを打つだけで良く、進行もバンコク辺りよりも田舎風にのんびりしています。

今さらながらに、プーケットの良さを噛み締めていますが、そのプーケットも今は外国人観光客がおらず閑散としているようで、旅行客相手のホテルや料理屋は(もちろんゴルフ場もでしょうが)大変な状態になっているようです。コロナが終わってさあ出かけようにも廃墟のようになっているプーケットではなあ、と日本国内の心配もさることながら、遠くかなたのプーケットの状況も大いに気になっています。